ボリンジャーバンドでFXに勝つために

FXでボリージャーバンドを活用してみる

ボリージャーバンドとは、ジョンボリージャーが開発した分析方法の一つです。移動平均線の上下にバンドと呼ばれる線を付け加えることで、その上下のバンド内のどこに現状為替が動いているかを分析します。バンドの上下の幅は、平均からどの程度ばらつきがあるかの状態により調整されるので、ある程度正確な分析ができるとして、現在人気の分析方法となっています。価格がボリージャーバンドの上の線に近い時には、上がりすぎているので、逆貼りをするなどといった売買方法を行います。ほぼバンド内をはみ出さずに為替が動くので、非常に視覚的に分析しやすく、分かりやすい分析方法です。

 

実際に、ボリージャーバンドを活用して取引をしている人が多いことから、ボリージャーバンドの上下の線に価格が触れた途端に短期的なトレンドが変換するなどの現象が良く見られます。さらに、もし現在の価格が、バンドの上下内を抜けて突き抜けて行った時には、その方向への値動きが非常に強いという分析ができます。また、何らかの要因で、過去のばらつき以上に大きなばらつきが出ているので、方向性が変わったのだと判断できます。そういった時には、逆張りは行わず、順張りを行って、大きな流れに従って投資をしていきます。応用にも色々と使えることから、ボリージャーバンドは、FXのプロもよく利用する分析方法となっています。注意点としては、バンドの上下内を突き破るかどうかという微妙な位置の時に売買をする場合には、リスクが高くなる事が挙げられます。


Copyright (C) 2009 FXの初心者入門 All Rights Reserved.

ボリンジャーバンドについて